初舞台からメインキャストを演じ、その後ずっと舞台に立ち続けることなんて可能なのでしょうか?

結論から言うと、可能です。

過去に劇団四季で俳優として舞台に出演し、ライザップのフィットネスの大会で東京予選と全国本選で優勝した経験から、どうすれば大役を勝ち取れるかをまとめました。

うまいのに、注目を浴びない人たち

ミュージカルや演劇など、舞台芸術の世界で必要なスキルは、歌やダンス、演技だけなのでしょうか?
歌やダンス、演技も申し分なくうまいのに、なぜかなかなか注目を浴びない人もいます。

(配役につくから最高なのか?とか、メインキャストについたら正解なのか?という議論は今回は置いておきます。)

「あの人、すごくうまいのに、何で有名にならないんだろうね?」という人は舞台俳優の世界にはたくさんいて、役がついていないからと言って、下手なわけではないんです。

逆にそんなに技術的にうまくはないのに、なぜかずっとメインキャストをし続ける人もいます。

舞台俳優にや劇団員限らず、仕事や芸能界で勝ち抜きたい人も必見です。

役を取るのは実力だけじゃダメ

歌やダンス、演技がうまいからといって、必ずしもメインキャストに抜擢されるかというと、そうではないのが芸能の世界です。客としての立場から見れば、「あの人はすごくうまいから、実力が認められたんだ」という意見もありますが、それよりも大事なことがあります。

自分のことを推してくれる権力者を見つけることです。

このコミュニティにも物事を決める一番えらい人がいて、その人が「あの子、いいじゃない」と言えば、その人に才能や能力があるかどうかは別として、抜擢されます。

エラい人たちに自分の存在を認めさせ、「あの子いいじゃん」と言わせるのが一番はやく出世ができます。

劇団で言えば、エラい人は演出家です。会社で言えば、役員クラスがエラい人になります。

地道にコツコツして、注目を浴びて、その噂が広まって徐々にスター街道へ…という方法ももちろんありますが、大抜擢される人はその方法ではなく、

たまたま演出家の目に留まる

抜擢される

周りが納得せずに文句を言う

徐々に本人が実力をつけ始める

「あの子、元々才能あったから」と後々言われる
というパターンが多いです。

いかにはやくエラい人の目に留まるかを意識しましょう。

「お気に入り」という存在

コミュニティの権力者から注目を引くことに成功すると、「お気に入り」というステータスに昇格できます。お気に入りは常に隣の席に呼ばれ、いい企画や作品があれば「お前、やってみるか?」と声をかけられるポジションです。

このポジションを狙って枕営業をする人もいるようです。
しかし枕営業をし始めると、ずっと好きでもない人とエッチなことをしなければならず、なおかつ体の関係に発展すると急に魅力が色あせて見え、疎遠にされてしまうという最悪な結果もついて回ります。

そこで枕営業なんてつまらないことをせずに、注目を引くための方法を紹介しましょう。

最も権力がある人の右腕になっているのは誰か?

権力のある人はもちろん観察力や洞察力など、知性もあり、頭の回転も早い人が多いので、権力者に容易に近づくのは危険とも言えます。権力者に上手にアピールして成功すればいいですが、失敗すれば即クビになるような危険な賭けになります。

そこでもっと現実的にできるのが、

権力者の右腕になっている人と親しくなることです。

最も権力のある社長や演出家のようなポジションの人は、仕事がとても忙しく、新人の他愛のない会話なんかに付き合っていられません。それなのにコミュニティ全体を把握しなければならないのですから、信頼の置ける右腕を何人かそれぞれのコミュニティの重要なポジションに配置しておく必要があります。

「最近、がんばってるなって新人いない?」
「まだ注目されていない能力のある人いない?」
などの相談を右腕にします。

相談された右腕が「そういえば最近、すごく実力がある人がいて…」と話題に出る人になることを目指すのも手です。

右腕の信頼している人は誰か?

さらに権力者の右腕になっている人は、任される仕事も多いので、信頼できる仲間を置いている場合もあります。
右腕の信頼している仲間とは仲良くしておくのは鉄則です。どんなに実力があっても、「人間性がちょっと…」という人には抜擢のチャンスは訪れません。

かといって、媚を売るとそれはそれで好ましい印象を与えない可能性もあるので、

  • 挨拶
  • 礼儀
  • 感謝の言葉
  • 与えられた課題は着実にこなすこと
  • 顔を合わせた時にフレンドリーに微笑んだり、話しかけたりする

程度にとどめておきましょう。

どうやってアピールをするのか?

権力者や右腕、その仲間にアピールするときに、「私は出世したいんです!」や「抜擢してください!」とストレートに言うのはNGです。
人は押し付けられると、急にやる気を失う生き物です。

簡単に言うと、夢や目標を語るだけでOK

「この子の夢、叶えてあげたい」と思わせるように促すだけでOKです。具体的なアプローチ方法についてはまた別の機会にまとめます。

色恋は混ぜないことも重要

やってしまいがちなのは、権力者や右腕、その仲間と恋愛関係に発展すること。恋愛がうまくいっているときはいいですが、別れた後は疎遠になってしまう可能性があり、抜擢どころじゃなくなるので、恋愛とは切り離すように心がけましょう。

「好き」とか「気に入っている」とかそういう単語を絶対に相手に言わせないことも大事です。万が一言われてしまっても、すっとぼけてわからないふりをしましょう。

今すぐにでも恋愛関係に発展できそうなくらい仲がいいのに、手も触れさせてくれないし、食事は行くのに何も発展しない微妙な関係がベストです。
「もしこの子を出世させたら、お礼にエッチなことできるんじゃないか!」という下心だけを感じても、何もしない関係がいいでしょう。

実力をつけないと長くは舞台に立てない

注目を浴びる方法をまとめましたが、実力がないとチャンスを手放すことになります。

実力をつけるためには、鬼の練習と鬼の継続しかありません。

正しい方法を使って、目標に向かって正しい方向へ進んでいくのが近道です。プロや専門家からきっちり学ぶことによって、上達も速くなります。

マンツーマンボーカルレッスン「ミュウ」

カラオケ上達・音痴改善の為のボイストーレニング【ボーカルレッスンMyU】

関東在住の人なら、ターミナル駅にあるスクールでレッスンが受けられます。自分の目的に合わせてレッスンを受けられるので、どんな風になりたいのか講師と相談してみてください。音痴を治したい人や、プロになりたい方にもおすすめです。
※オトクな情報
今なら入会金¥10,000 → ¥0らしく、無料で体験レッスンを受講できます。